2020年度以降の次期学習指導要領改定案において、プログラミング教育がいよいよ小学校でも必修化される流れにむかっています。

プログラミング教育がこれほど注目される理由は、プログラミングを学ぶことで、コンピュータのスキルだけではなく論理的な物の考え方や問題解決の力が身につくといわれているからです。

しかし、「プログラミングの勉強」と聞くと、「ものすごく難しい」というイメージがありますね。

でも大丈夫!!こどもプログラミング教室ではビスケットやスクラッチという子供向けのプログラミング学習ソフトを使うことで、簡単にプログラム作りをはじめることができます。どんどん作品を作り上げて、その楽しさを実感することが出来ますよ。

「自分のアイディアを実現する力」をはぐくむために、ぜひこの機会にプログラミング学習をはじめてみませんか?

はじめてのプログラミング ビスケットコース (小学1年生~)

自分が描いた絵を、メガネと呼ばれる部品に入れるだけで、動く絵本を作ることができます。操作はとっても簡単で、文字を知らなくてもプログラミングすることができます。メガネと絵どう組み合わるか、発想一つで様々な動きをさせることができるので、理解が進むとちょっとしたゲームを作ったりすることもできます。プログラミングが初めてという人は、ぜひここからステップアップしていきましょう。

vs1

ゲーム感覚でプログラミング スクラッチコース (小学3年生~)

命令が書かれたブロックを、パズルを組み合わせるようにしてプログラミングしていきます。全部で145個のブロックが用意されているので、初歩的なところから高度なプログラミングまで、様々なプログラムを作ることができます。希望者は、ジュニア・プログラミング検定(受験料別)合格を目指して、習得したプログラミングスキルをチェックし、1ステップずつスキルアップをはかることもできます。MITメディアラボが開発し、世界中で使われているプログラミングソフトです。

sc1